ホーム  > ベースメイク  > ファンデーション  > クリーム ファウンデイション

クリーム ファウンデイション

乾燥してカサつく肌にぴったり密着。うるおいを与えることで、カサつきをしっかりカバーするクリームファンデーション。圧倒的な透明感にあふれた、ツヤやかな仕上がりが持続します。
透明感を妨げていたカサつきを落ち着かせて、なめらかに整えるメルティングフィットオイルαを配合。保湿成分を抱え込んだ柔軟性のあるネット成分との皮膜形成技術で、極度のカサつきにもぴったり密着し、乾燥によるヨレを防ぎます。
さらに、肌内部に多くの光を送り込んで、引き出して反射させるパウダーとフィルム、自然光や人工照明などどんな光の下でも美しく見せる二重構造のパール剤を採用。常に理想的な光反射に肌を整え、圧倒的な透明肌へ導きます。
SPF15 PA++ノンコメドジェニック処方、アレルギーテスト済、無香料
※全ての方にアレルギーが起こらない、ニキビができていないというわけではありません。

  • 全6色
  • 25g
  • 税込4320円(本体4000円)

クリーム ファウンデイション

あなたの肌を、光プールに。ファウンディション[スペシャルページ]

カラーを選ぶ

カラーを選択してください

色調から選ぶ

  • 001
  • 100
  • 101
  • 102
  • 103
  • 201
色番号で選ぶ

こんな方におすすめ

  • 乾燥して、カサつきがちな肌。
  • ファンデーションのパサつきや粉うき、乾燥によるくすみ、小ジワによるヨレが気になる肌。
あなたはどの肌エリア?
オンラインカウンセリング

ページの先頭へ

光反射を阻害するカサつきを、うるおいオイルでなめらかに

肌の表面と内部に届いた光をムラなく反射することによって、肌の透明感は高まります。ところが、肌がカサつくと、肌表面のカサつきによって光が内側に入りにくくなります。光が入っても肌表面には光が出にくい状態となるため、肌は光不足となり、透明感のないくすんだ印象に。

そこで、カサつきを落ち着かせてなめらかに整える半固形状の「メルティングフィットオイルα」を配合。体温でとろけるオイルがカサついた肌になめらかに広がりながら、保湿成分をまんべんなく行き渡らせ、肌に吸い付くようにフィットします。
さらに、つけたての美しさを保ち、乾燥によるヨレを防ぐうるおい成分「アルゲルミナ*」をネット成分で抱え込んだ水溶性皮膜で、2層の皮膜「ALダブルシールドモイスト」を形成。うるおいを閉じ込めたなめらかな肌で、理想的な光反射に整えます。
*アルゲルミナ=グリセリン、塩化Ca、塩化Mg、緑藻エキス、紅藻エキス

オイルと皮膜で、うるおい閉じ込め、キメなめらかに

ページの先頭へ

たくさんの光を取り込んで放つ、パウダー+フィルムの新技術

肌内部に多くの光を送り込んで、大量に引き出す高機能パウダーと、光を透過・反射させて凹凸を自然にカバーするフィルムを組み合わせた技術「ライティングフォーミュラ」を採用。多くの光を取り込んで放つことで、肌の透明感を引き出します。

ライティングフォーミュラで、透明感を引き出す

ページの先頭へ

どんな光の下でも、透明感あふれる肌にするパウダー

肌に光があたると、その光を最適な光へ補正・コントロールする「反射光オート補正パウダー」を採用。晴天や曇りの太陽光、夜の街灯、屋内の蛍光灯など、どんな光も味方にして、美しい仕上がりを演出します。どんな光の下でも、透明感あふれる肌に見せてくれます。

反射光オート補正パウダーで、あらゆる光を味方につける

ページの先頭へ

3種類の粉末で、肌表面をなめらかに整え、さらに透明感をアップ

3種類の粉末を配合する粉体技術「ピュアスムースパウダー EX」を採用。凹凸補正効果とパウダーの反射光効果によって透明感を高め、素肌そのものを自然に明るくなめらかに見せます。

3種類の粉末

[光オーラ成分]とても微細でシルキーなツヤを演出する白色パール剤。光を拡散し白い光を放つことで、色ムラが目立ちにくくなり、肌そのものを明るくなめらかに見せます。[青・黄・赤の光を反射するパール剤]肌表面にきれいに整列しながら3色の光をバランスよく反射して、透明感を高めます。
[球状粉末]弾力性があるので、肌の凹凸に合わせて形を変えてフィットし、均一でなめらかな肌表面に整えます。

凹凸を整えながら、透明感をアップする3種類の粉末

ページの先頭へ

使用方法

  1. 1適量(パール粒1個分程度)をとり、両頬、額、鼻、あごにのせます。乾燥しやすい頬を中心に、両手の指の腹でくるくるとらせんを描くようになじませながら塗布します。こうすることで、乾燥肌にもムラなくフィットします。(図1)
  2. 2顔に塗布したファンデーションを外側に向かってぼかし広げ、フェイスラインとなじませます。乾燥しやすい目もとや口もとは、表情の動きでヨレやすいので、指を使って丁寧に仕上げることで、ヨレが防げます。(図2)
  3. 3最後に手のひら全体で顔を包み込むようにして、ファンデーションを肌にしっかり密着させます。こうすると、フィット感がさらに高まり、美しいうるおい仕上げが持続します。(図3)

ページの先頭へ

ベストコスメ 多数受賞!

  • イプサ メイクアップシミュレーター
  • [WEB限定]1週間お試し 1WEEK キット

ページの先頭へ