IPSA

商品について

イプサの商品について、よくあるご質問をご案内します。

化粧品の使用上の注意事項について

お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。化粧品がお肌に合わないとき即ち次のような場合には、使用を中止してください。そのまま化粧品類の使用を続けますと、症状を悪化させることがありますので、皮ふ科専門医等にご相談されることをおすすめします。

  1. 使用中、赤味、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合。
  2. 使用したお肌に、直射日光があたって上記のような異常があらわれた場合。

安全性について

買い置きしておいた化粧品の使用期間について

化粧品は未開封の状態で正しく保管されていれば3年は安心してお使いいただけます。ただし、開封してみて変な臭いがしたり、分離しているなど、どこかおかしいなと感じた場合は保管の年数に関わらず使用を避けてください。

「無香料」と表示された化粧品のにおいについて

「無香料」とは「香料を成分としては配合していない」ということを示しています。香料が配合されていなくても、その化粧品に使用された原料そのもののにおいが、少しですが感じられる場合があります。

また、保管する環境(高温や光)によっては、においが強くなる場合がありますので、高温となる場所、直射日光にあたる場所には保管しないでください。

アレルギーテスト済みの意味

アレルギーテスト済みの表示は、製品が人の肌に対して皮膚アレルギー性を示さない*ことを確認するために、製品をヒトに塗布して、ヒト連続パッチテストを実施しているという意味です。
(*ただし、全ての方にアレルギーが起きないというわけではありません。)

ノンコメドジェニックテスト済みの意味

コメドはニキビの初期段階で、毛孔に皮脂や角質などが詰まってしまった状態のことです。ノンコメドジェニックテスト済みの表示は、製品をヒトに塗布してコメドが出来にくいかどうか*をチェックする試験を実施しているという意味です。
(*ただし、全ての方にニキビができないというわけではありません。)

動物実験について

イプサは、化粧品・医薬部外品の開発において動物実験は実施しておりません。
(なお、社会に対して安全性の説明をする必要が生じた場合を除きます。)

社会に対して安全性の説明をする必要が生じた場合

市場にある成分に関して、改めてその安全性を証明する必要が生じ、そのための選択肢が動物実験しかない場合や、一部の国において化粧品の安全性保証に動物実験が不可欠となっている場合です。

一部の国とは

中国においては、化粧品の安全性を保証するために動物実験を含めた安全性試験が要求される場合があります。

ページTOPへ