ホーム  > ポイントメイク  > チーク  > フェイスカラー EX WT01

フェイスカラー EX WT01

計算された色と質感で、肌本来の美しさを引き出し、透明感を高めるフェイスカラー。フェイスカラー デザイニングパレットのレフィルとしてもお使いいただけます。チークカラー用12色、ハイライトカラー用6色、シェーディングカラー用3色、パーフェクティングカラー用3色の計24色で展開。毛穴や小じわなどの凹凸を目立たなくするなど、肌それぞれのパーツを美しくなめらかに見せるため、4種それぞれに異なるパウダーを採用しています。

  • ケース入り

  • 全24色
  • 税込2160円(本体2000円)

フェイスカラー EX WT01

カラーを選ぶ

現在の色 : パーリーホワイト

色調から選ぶ

  • BE01
  • BE02
  • BE03
  • BE04
  • BE05
  • BR01
  • BR02
  • BR03
  • BR05
  • GD01
  • OR01
  • OR02
  • OR03
  • OR04
  • OR06
  • PK01
  • PK02
  • PK03
  • PK04
  • PK05
  • PK06
  • PK07
  • VI01
  • WT01
色番号で選ぶ

4種それぞれに異なるパウダーで、肌の各パーツを美しく

チークカラー、ハイライトカラー、シェーディングカラー、これらを自然に溶けこませるパーフェクティングカラー。それぞれに各パーツに合わせたパウダーを採用することで、肌悩みをカバーして、なめらかで透明感あふれる美しい肌に見せてくれます。

ページの先頭へ

4種のカラーとパウダーの効果

A. チークカラー
血色感を与えながら、頬をきゅっと上げて見せ、いきいきとした表情に彩ります。光を操り、頬に明るさと陰影感を生み出す「光血色パウダー」を採用しています。
B. ハイライトカラー
光を集めて明るさを与え、高く見せたいところを際立たせます。キメ細かい「リンクルカバーパール」で、肌の凹凸やシワをふんわりカバー。肌に透明感をプラスします。
C. シェーディングカラー
影をつけて引きしめ、メリハリを際立たせます。機能型「シェーディングパウダー」が、骨格に沿って光陰効果を発揮。フェイスラインをぐっと引き締めて見せます。
D. パーフェクティングカラー
チーク・ハイライト・シェーディングを自然に溶けこませ、上質な肌へランクアップします。光拡散効果に優れた「ソフトフォーカスパウダー」が、ツヤとフォギーな質感で、表面に1枚ベールをかけたような肌にします。

ページの先頭へ

ピンク系とオレンジ系があるチークカラーは、多彩な12色展開

チークカラーは12色、ハイライトカラーは6色、シェーディングカラーは3色、パーフェクティングカラーは3色の計24色展開。チークカラーは、ピンク系とオレンジ系に分かれています。肌をより明るく見せたい方、肌のくすみを感じる方はピンク系を、肌なじみを重視する方、頬に赤みがある方はオレンジ系がおすすめ。

ページの先頭へ

立体感と透明感を引き出す、パウダーの共通効果

  • 新配合のピュアスムースパウダー EXが、光をコントロールし、透明感をプラスします。
  • クリア発色パウダーが、肌になじみながら、美しくクリアな発色を実現します。
  • フィッティングオイルが、肌へのフィット感を向上し、化粧持ちを持続させます。
  • ヒアルロン酸やホホバ油などの保湿成分が、日中の乾燥から肌を守り、うるおいを持続させます。

ページの先頭へ

フェイスカラー デザイニングパレットのレフィルに

チークカラー、ハイライトカラー、シェーディングカラー、パーフェクティングカラーの4色からなるフェイスカラー デザイニングパレットのレフィルとして、活用いただけます。

ページの先頭へ

使用方法

別売りのブラシに適量をとり塗布します。

ページの先頭へ

全成分

タルク,ジメチコン,メタクリル酸メチルクロスポリマー,アルミナ,トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン,窒化ホウ素,リンゴ酸ジイソステアリル,ワセリン,ヒアルロン酸Na,セスキイソステアリン酸ソルビタン,ジステアリン酸Al,シリカ,トコフェロール,(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー,ホホバ種子油,ケイ酸(Na/Mg),酸化スズ,グリセリン,エチルパラベン,クロルフェネシン,(+/-)マイカ,合成金雲母,酸化チタン,酸化鉄,グンジョウ,赤226

ページの先頭へ

ベストコスメ 多数受賞!

  • イプサ メイクアップシミュレーター
  • [WEB限定]1週間お試し 1WEEK キット

HOW TO

  • 目もとマッサージ

ページの先頭へ