IPSA

秋に気づく。肌が澄むと、私は満ちる。

お手入れポイントは3つ

  1. ためこんだ古い角層によるくすみを一掃しましょう。
  2. 集中ケアで肌環境を素早く整えましょう。
  3. 美容成分をうるおいでとじこめましょう。

Basic Care ベイシックケア

紫外線や冷房による乾燥などのダメージが出てくる秋の肌。まずは今の肌状態に合わせたベイシックケアで、肌環境を整えることが大切です。

洗顔

洗顔料 ゴワついた角層をほぐし、スキンケアが浸透しやすい肌に。

夏の影響が残る肌は、不要な角層を溜めこんでゴワつき、スキンケアの浸透も悪くなりがち。毎日の洗顔で硬くなった角層をほぐして、うるおいがなじみやすい肌に洗い上げましょう。

詳細はこちら

化粧液

ME 肌本来の美しさを引き出して、乾燥などのダメージを受けた肌を健やかに。

汚れを落として角層をほぐしたら、17種の「素肌型」から選んだMEでたっぷりのうるおいを与えましょう。うるおして肌を整えることで、健やかな状態に導きます。

詳細はこちら

Customize Care カスタマイズケア

紫外線によるくすみ、急激な湿度の低下による乾燥を感じる秋の肌。うるおいとスキンケア効果をキープするケアをプラスしましょう。

エイジングケア

ターゲットエフェクト S・G 肌サインが教える2タイプのケアで、弾けるような美肌へ。

肌の変化を見逃さず、肌状態に合わせて選ぶ2つのエイジングケア*クリーム。〈S〉は毛穴が気になり始めた肌に、〈G〉は目もと、口もとのサインが気になり始めた肌に対応したケアができます。

詳細はこちら

乾燥ケア

ザ・タイムR アクア<医薬部外品> 乾燥しがちな肌から、水をまとったぷるぷる肌へ。

独自の保湿成分で、水分を抱えこんで逃さない肌にする薬用化粧水。紫外線や冷房で乾燥する肌はもちろん、急激な湿度の低下に備えるためにも、朝晩たっぷりと。

詳細はこちら

乾燥ケア

バリアセラム お手入れの最後に、うるおい閉じ込める新習慣。

ラップのように肌を密封し、スキンケア効果を肌に閉じ込める美容液。お手入れの最後につけることでうるおいをキープし、乾燥などの外部環境から肌を守ります。

詳細はこちら

美白ケア

ホワイトプロセス エッセンス EX<医薬部外品> シミ・ソバカスになる前に、美白の集中ケア。

肌環境を整えながら、メラニン生成を抑えてシミ・ソバカスを防ぐ美白美容液。肌に吸いつくように広がり角層まで浸透します。紫外線ダメージを持ち越さないよう、秋こそ集中ケアを。

詳細はこちら

角層ケア

プレミアライン ローションセラム角層ケアで、くすみのないやわらかな肌に。

くすみの原因となる不要な角層を取り除いて、明るい肌へと導くローション状美容液。さらに、ふっくらやわらかな肌に整え、このあとのスキンケアをなじみやすくします。

詳細はこちら

*エイジングケア…年齢に応じたうるおい・ハリを与えるお手入れのこと

あなただけの秋レシピを。

ゴワつきやくすみが気になる秋の肌。余分なものを取り去り、うるおって透明感のある肌を目指しましょう。

肌測定器イプサライザーで、肌の水分保持力や透明感を測定。あなたにぴったりな「肌も心も満ちる秋の透明感肌レシピ」をご提案します。全国にあるイプサショップへ、お気軽にお越しください。

イメージ:肌測定器「イプサライザー」

ページTOPへ