IPSA

ベースメイクのポイントは3つ

  1. 1. 光を補う化粧下地で、寒さでもくすみにくい、化粧のりのいい肌をつくりましょう。
  2. 2. カサつく肌にもぴったりフィットするファンデーションで、光あふれるツヤやかな肌にしましょう。
  3. 3. 日中の乾燥による化粧くずれとくすみを化粧直しでカバーしましょう。

透明感を阻むカサつきを解消するには、ツヤやか肌に仕上げるベイスづくりが大切。日中の乾燥対策には、うるおいチャージ美容液を。

  • コントロールベイス

    肌状態にあわせて光を補う化粧下地。透明感を高めるだけでなく、キメ肌ヴェールで凹凸を補正し、化粧のりのいい肌に整えます。SPF20 PA++
    • 詳細はこちら
  • クリーム ファウンデイション

    体温でとろけるうるおいオイルが、カサつく肌にもぴったり密着。なめらかで透明感あふれる、ツヤやかな仕上がりを持続させます。SPF15 PA++
    • 詳細はこちら
  • ピュアルースパウダー EX

    肌タイプに合わせて2種類から選べる仕上げ用パウダー。カサつきやすい冬は、粉浮きが気になる方向けのEX 2がおすすめ。日中の乾燥から肌を守り、なめらかなツヤ肌をキープ。
    • 詳細はこちら
  • クリエイティブコンシーラー EX

    色ムラ部分に不足しがちな赤みをプラスした色で、シミやソバカスなどを的確に隠す3色コンシーラー。気になるところも透明感あふれる肌に。SPF25 PA+++
    • 詳細はこちら
  • ザ・タイムR デイエッセンススティック

    日中、カサつきやつっぱりを感じたら、スティック状美容液のひと塗りを。ねらったところに水分を大量補給し、縮んだキメをふっくらなめらかに整えます。
    • 詳細はこちら

冬の乾燥に負けない、うるおいと透明感のあるベースづくりが、いきいきした冬の美肌のポイント。

  • イプサのレシピづくりとは
  • 全国のショップ
  • オンラインカウンセリング
ページTOPへ