イプサメンバーシップ規約

第1条(規約の適用)

株式会社イプサ(以下、「イプサ」という)が運営するホームページ「イプサウェブサイト」等において、「イプサメンバーシップ規約」(以下、「本規約」という)およびイプサがイプサウェブサイト等を通じて会員のみを対象として行う各種提供サービス(以下、「本サービス」という)の各種利用条件に同意のうえ「イプサメンバーシップ」として登録された方(以下、「会員」という)は、本規約に基づき、本サービスを利用することができるものとします。

第2条(規約の変更)

イプサは、本規約の内容の全部または一部を会員に事前に通知することなく、任意に改定することができるものとします。この場合、イプサは会員に対してイプサウェブサイト上で通知するものとし、改定の効力は、イプサウェブサイト上への掲示時点で生じるものとします。

第3条(規約の遵守)

  1. 会員は、本サービスの利用にあたり、本規約および本サービスの各種利用条件等、イプサが別途定めるルール等に従うものとします。
  2. イプサは、会員の事前の承諾を得ることなく、本サービスの内容を変更することができるものとします。

第4条(会員登録)

  1. 会員としての登録を希望される方は、本規約に同意のうえ、イプサウェブサイト上に定める手続きに従って、会員登録の申込を行うものとします。なお、会員登録は本人のみが行うものとし、代理での登録は行えないものとします。
  2. 会員登録手続きは、前項の申込に対してイプサが承諾したときに完了するものとします。ただし、次のいずれかに該当する場合には、イプサは会員登録の申込を承諾しないか、あるいは承諾後であっても承諾の取消を行うことがあります。なお、以下の各号の該当性はイプサの判断(当該判断は、イプサの自由な裁量によるものとします。以下、本規約において「イプサの(が)判断(する/した)」とある箇所において同様とします)により行われるものとします。
    1. 申込者が虚偽の事実を申告した場合
    2. 第11条(禁止事項)に該当した場合
    3. 過去に本規約違反等を理由として、本サービスの会員資格の取消等が行われていたことが判明した場合
    4. 登録済会員が登録している電子メールアドレスをIDとして申し込む場合
    5. 自己名義でない電子メールアドレスをIDとして申し込む場合
    6. 第三者からの委託を受けて申し込む場合
    7. 16歳未満の場合
    8. 日本国外にお住まいの場合
    9. 法人の場合
    10. その他、イプサが会員として不適当と判断した場合

第5条(会員情報の取扱)

  1. 会員は、本サービスを利用するにあたり、次の個人情報の全部または一部を登録するものとし、これを承諾します。なお、以下(1)~(8)の項目は会員登録に必須の項目です。
    1. 会員ID・電子メールアドレス(以下、「会員ID」という)
    2. 氏名
    3. 生年月日
    4. 性別
    5. 電話番号
    6. 郵便番号
    7. 住所
    8. その他の個人情報および要配慮個人情報
  2. イプサは会員が登録または開示する個人情報を「プライバシーポリシー」に従って適切に管理します。

第6条(ポイント・特典)

  1. 会員は、イプサウェブサイト店頭における、対象商品のご購入額、サービス内容、またはご利用状況(以下、「対象取引」という)に応じて、「ポイント」を付与されます。
  2. 会員は、ポイントをイプサ所定の商品またはサービス(以下、「特典」という)と交換することができます。
  3. ポイント、特典の詳細および対象店舗については、「ポイントプログラムのご案内」でご確認ください。

第7条(権利譲渡の禁止)

会員は、本サービスを利用する地位、権利もしくは義務の全部または一部を、第三者に譲渡、賃貸その他担保に供する等の行為は行わないものとします。

第8条(変更の届出)

会員は、メールアドレス、住所、氏名等の登録個人情報に変更があった場合はすみやかにイプサがイプサウェブサイト上で定める手続きに従ってイプサに通知するものとします。なお、登録個人情報の変更登録がなされた場合でも、変更登録前にすでに手続がなされた取引は、変更登録前の情報に基づいて行われるものとします。

第9条(会員IDおよびパスワード)

  1. 会員IDおよびパスワードの管理ならびに使用は会員の責任とし、使用上の過誤または第三者の不正な使用等については、イプサは一切その責任を負わないものとします。
  2. 会員は、会員IDおよびパスワードを第三者に譲渡、貸与、開示してはならないものとします。
  3. 会員は、会員IDおよびパスワードが第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちにイプサに連絡するものとします。
  4. 入力した会員IDおよびパスワードが一致しないとき等、本人確認ができない場合、会員は本サービスを利用することができないものとします。

第10条(退会)

  1. 会員は、都合により退会を希望する場合には、イプサがイプサウェブサイト上で定める手続きに従って退会することができるものとします。イプサは、会員が第11条(禁止事項)に該当する場合には、イプサの判断で、会員に通知することなく会員を退会させることができるものとします。
  2. 退会手続完了後は、会員は本サービスを利用することができず、また本サービスに関わる一切の権利を失います。退会により発生した損害、不利益に関してイプサは一切責任を負わないものとします。

第11条(禁止事項)

  1. イプサは、会員が本サービスを利用するにあたり、以下の各号に該当する行為を行うことを禁止します。
    なお、以下の各号の該当性の判断はイプサの判断により行われるものとします。
    1. 虚偽の氏名、性別、生年月日または自己のものではないメールアドレス、住所、電話番号等を用いて登録内容を変更する行為
    2. 会員IDおよびパスワードを公開し、または不正に利用する行為
    3. 自己または第三者の住所、電話番号、メールアドレス等、個人が特定される情報を、本サービス内の利用者全体に公開される箇所に投稿する行為
    4. 他の利用者および第三者ならびにイプサ(イプサ従業員を含む)を誹謗または中傷したり、名誉を毀損する行為、またはそれらのおそれのある行為
    5. 他の利用者および第三者ならびにイプサ(イプサ従業員を含む)の財産権やプライバシーを侵害する行為、または侵害するおそれのある行為
    6. 他の利用者および第三者もしくはイプサ(イプサ従業員を含む)の知的財産権(著作権・意匠権・特許権・実用新案権・商標権・肖像権)を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為
    7. 有害なコンピュータープログラム等を送信、または書き込む行為
    8. スパムメッセージ(一人または複数の利用者が、本サービス内の投稿可能な箇所に、同一または類似の文章を投稿し、またはメッセージで送信する行為)およびスパムワード(一人または複数の利用者が、本サービス内の投稿可能な箇所に、当該箇所と無関係もしくは関連性の希薄な語句を複数羅列し、または著しく長い文章もしくは大量の語句を投稿する行為)もしくはスパムURL(一人または複数の利用者が、本サービス内の投稿可能な箇所に、同一のURLを投稿し、またはメッセージで送信する行為。その他イプサがスパムと判断する行為)を投稿または送信する行為
    9. 公序良俗に反する行為、犯罪行為、またはそのおそれのある行為
    10. 一般的な消費者が通常行う範囲を超えて注文、キャンセルを繰り返す行為、また、注文後の受取り拒否行為
    11. 国内外のほかのネットワークを経由して通信を行う場合、経由する国内外のネットワークの規則に反する行為
    12. イプサのサーバーに過度な負担をかける行為、本サービスのネットワークシステムに障害を与える行為
    13. 本サービスを転売、再販売もしくは営利目的で利用する行為、またはその準備を目的とする行為。一般的な消費者が通常行う注文の範囲を超える大量の注文を行う行為
    14. 選挙活動、またはこれに類する行為、その他政治および宗教に関する行為
    15. ポイントを他の会員または第三者に譲渡、売買、貸与、担保供与もしくは換金し、または第三者とポイントを共有する行為
    16. ポイントを特典と交換したのち、これをネットオークション等で売買する等、本サービスを営利目的で利用する行為、またはその準備を目的とする行為
    17. その他本サービスの運営を妨げるような行為
    18. その他法令に違反し、または違反するおそれのある行為
  2. イプサは、対象取引が本条各号のいずれかに該当するとイプサが判断する場合、対象取引を制限、拒絶、あるいは契約の解除ができるものとします。この場合、会員が受ける不利益や損害につきイプサは一切の責任を負わないものとします。

第12条(会員提供情報の消去)

イプサは、会員が提供した情報、文章、図面等(以下、情報、文章、図面等を総称して「情報等」という)が第11条(禁止事項)に該当した場合、イプサの判断により、会員に通知することなく情報等を消去することができるものとし、この場合、イプサは削除理由を開示する責務を負わないものとします。会員はそれによって生じる法的責任をすべて負担し、イプサは一切の責任を負わないものとします。

第13条(著作権その他知的財産権)

  1. イプサウェブサイトに掲載された全ての内容に関する権利は、イプサに帰属するかまたはイプサがライセンスその他正当な権原にもとづき使用するものです。イプサは、会員がイプサウェブサイト等の掲載内容全部、また、会員からの問合せに対するイプサからの回答等を、自らの個人利用目的以外に利用したり、ネットワークの内外を問わず、公衆に再提供したり、無断使用・複製することを禁止します。
  2. イプサウェブサイト等に現れる全ての商標およびサービスマークは、イプサまたはイプサの関係会社が所有し、またはライセンスその他の正当な権原にもとづき使用するものであり、イプサは、会員がこれらを無断で使用することを禁止します。会員が提供した情報等について著作権(著作権法第27条および第28条に定める権利を含む)その他知的財産権が生じる場合には、会員は情報等にかかる権利をイプサに無償で譲渡するものとし、著作者人格権等の権利を行使しないものとします。

第14条(損害賠償)

  1. 会員は、本サービスの利用とその結果について責任を負い、本サービスの利用に関して自己の責に帰すべき事由により他の利用者または第三者に損害を与えた場合、自己の責任と費用をもってこれを解決するものとします。
  2. 会員は、本サービスの利用に関して自己の責に帰すべき事由によりイプサに損害を与えた場合、イプサが被った損害を賠償するものとします。

第15条(免責)

  1. イプサは、本サービスの利用または本サービスにより提供される情報等の利用により発生した損害に対し、いかなる責任も負わないものとし、一切の損害につき賠償する義務はないものとします。
  2. イプサは、イプサウェブサイトからリンクを貼る第三者の管理・運営するウェブサイトの利用により発生した損害に対し、いかなる責任も負わないものとし、一切の損害につき賠償する義務はないものとします。
  3. 通信回線やコンピュータ等の障害によるシステムの中断・遅滞・中止・データの消失、データへの不正アクセスにより生じた改ざん・損害、その他本サービスに関して会員に生じた損害について、イプサは一切責任を負わないものとします。
  4. 本サービスの利用による、会員同士、会員と本サービスにおける情報等提供者もしくは会員と第三者との間で生じた紛議について、イプサは一切責任を負わないものとします。
  5. イプサは本サービスの廃止について、一切責任を負わないものとします。
  6. 本サービスにおいて、利用された会員IDとパスワードが一致することを会員本人とみなし、それらが盗用、不正使用その他の事情により会員本人以外の第三者が利用している場合であっても、それにより生じた損害について、イプサは一切責任を負わないものとします。
  7. 会員の登録情報に変更が生じた場合に変更登録がなされなかったことにより生じた損害について、イプサは一切責任を負わないものとします。
  8. 本条の規定は、イプサに故意もしくは重過失がある場合には適用しません。何らかの理由によりイプサが責任を負う場合であっても、イプサは、会員の損害につき、過去12か月間に会員がイプサに支払った対価の金額を超えて賠償する責任を負わないものとし、また、付随的損害、間接損害、特別損害、将来の損害および逸失利益にかかる損害については、賠償する責任を負わないものとします。

第16条(本サービスの保守)

イプサは、本サービスの稼動状態を良好に保つために、以下の各号の場合、会員に事前に通知を行うことなく、本サービスの提供の全部または一部を中止することができるものとします。なお、イプサはかかるサービスの中止により、会員に発生した損害、不利益に関して一切責任を負わないものとします。

  1. システムの定期保守および緊急保守の場合
  2. 火災、停電、第三者による妨害行為等により、システムの運用が困難になった場合
  3. その他、止むを得ずシステムの停止が必要とイプサが判断した場合

第17条(本サービスの終了)

  1. 会員は、イプサが会員に事前に通知することなく、本サービスの終了または停止することがあることをあらかじめ承諾するものとします。
  2. イプサは、前項の終了または停止により会員に不利益または損害が生じた場合でも、これらについて一切責任を負わないものとします。

第18条(Cookie、ウェブビーコンの利用)

  1. イプサウェブサイトにおいて、以下に掲げる目的のために、一部のコンテンツでCookie(クッキー)を利用するものとします。イプサウェブサイトにおけるCookieの機能とは、お客さまがイプサウェブサイトをご覧になったという情報を、そのお客さまのコンピュータ内に記憶させておく機能のことであり、当該Cookieを通じて収集する情報には、メールアドレスや氏名等の「個人を特定できる情報」は一切含まれません。
    1. イプサウェブサイトに複数のページにまたがるアプリケーションがある場合に、より便利にイプサウェブサイトをご覧いただくために必要な情報を一時的に保管する目的
    2. お客さまが認証サービスにログインされているとき、保存されているお客さまの登録情報を参照して、お客さまごとにカスタマイズされたサービスを提供できるようにする目的
    3. イプサウェブサイトを通じてより良いサービスを提供していくために、イプサまたはイプサが調査分析業務を委託する会社が、イプサウェブサイト上のお客さまのアクセス傾向を分析する目的
    4. お客さまが興味を持っている内容や、イプサウェブサイト上での利用状況をもとに、最も適切な広告を他社ウェブサイト上で表示する目的
    5. セキュリティー保持のため、ご利用から一定の時間が経過したお客さまに対してパスワードの再入力(再認証)を促す目的
    なお、イプサは、イプサが広告配信業務を委託する会社に、当該委託先会社のウェブサイトを経由して、イプサウェブサイトのCookieを保存させ、参照させる場合があります。
  2. お客さまが本サービスを適切に利用するためには、前項を承諾し、Cookieを受け付けることが条件となります。お客さまはブラウザでCookieを拒否するための設定を行うこともできますが、その場合、一部が適切に機能しなくなったり、使えなくなったりするコンテンツが含まれることを予め承諾するものとします。
  3. イプサウェブサイトの一部のページにおいて、お客さまの本サービスの利用状況に関する統計を取るためにウェブビーコンという技術を使用するものとします。ウェブビーコンによってお客さまの個人情報が収集されることはありません。また、お客さまはCookieを拒否するための設定を行うことで、ウェブビーコンによる情報の取得を拒否することができます。

第19条(リンク・広告)

  1. 会員は、イプサウェブサイトに対して自由にリンクを貼ることができるものとします。ただし、以下の内容が含まれるウェブサイトからのリンクを貼ることはできません。
    1. 公序良俗に反する内容
    2. 諸法令に違反する内容
    3. イプサ(関係会社を含む)またはイプサの関係者を誹謗中傷する内容
    4. その他イプサの企業価値を毀損すると客観的に判断できる内容
  2. 会員が、イプサウェブサイトにリンクを貼る場合、原則としてイプサウェブサイトトップページ(https://www.ipsa.co.jp/)に設定するものとします。会員は、リンク先のページが予告無く変更されたり、無くなる可能性があることを予め承諾するものとします。
  3. イプサの都合によるページの移動や消去等によって発生したいかなる不利益に関しても、イプサは一切責任を負わないものとします。

第20条(準拠法および管轄裁判所)

イプサウェブサイト等ならびに本規約の解釈および適用は、日本国法に準拠します。また、イプサウェブサイトに関わるすべての紛争については、他に別段の定めのない限り、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

以上
2018年7月1日 改訂