芯からうるおう
水分補給の研究。

あらゆる肌悩みに関係する肌の「水分量」

乾燥をはじめニキビやくすみ、エイジング・・・イプサは肌測定をとおして、肌悩みが出やすい方は、肌に水分キープができていないことが多いと気づきました。

肌を水分で満たす「肌水分技術」を進歩させることこそ、悩みのない肌へ導く第一歩だと考え、20年前から研究をスタートしています。

肌の「水分量」を増やすには

乾燥への対応として、さまざまな保湿ケアがあります。濃厚なつけ心地は安心。ただ水分で満たすには浸透が大切です。イプサは、スムーズに角層に浸透して、肌にある水分と密着するかのように、そこにとどまり続けてはじめて水分量を増やすことができると考えました。

肌を心地よく水分で満たす3つの技術

イプサは肌の水分量を増やすために、
1)すばやく肌になじむこと
2)水分を肌にとどめ保つこと
3)べたつかず、心地よい使用感であること
が必要だと考え、それぞれの技術を研究しています。

1)すばやく肌になじむこと

〈肌に水分を素早くなじませるための技術〉

イプサではさまざまな研究を重ね、
肌に素早く水分をなじませるための
技術を開発しました。

〈肌に水分をなじませる難しさ〉

角層は、外界から生体を守る働きがあります。
肌にきちんと水分を浸透させるためには、
さまざまな工夫が必要です。

2)水分を肌にとどめ保つこと

〈肌に水分をとどめる技術〉

イプサでは肌表面に水分をとどめ
長時間水分を保ち続けることの大切さに着目。
対応技術を研究開発しました。

〈肌に水分をとどめる難しさ〉

肌表面に水分をとどめ、
長時間保ち続けることは困難です。

3)べたつかず、心地よい使用感であること

〈保湿力と使い心地を両立する技術〉

イプサでは、みずみずしくベタつかない使用感を
保ちながらも、高い保湿力をもてる技術を
研究しています。

〈保湿力と使い心地両立の難しさ〉

保湿力を高くすると塗布時のべたつきを
感じやすいという傾向があります。

水分で満たされた肌の状態

角層の水分量が増え、水分蒸散量が減少していることがわかります。

〈角層水分量の増加〉

技術連用による考察

〈水分蒸散量の減少〉

技術連用による考察

〈うるおいバリア機能の評価〉

うるおいバリア機能をサポートし
乾燥・肌あれをケアする
技術の開発に取り組んでいます。

水分量と皮ふ温の関係

エアコンや紫外線などにより、水分が失われやすい過酷な夏は、より効率的に水分を与えるような工夫が必要だと考えます。

イプサは「コットンパッティング」による水分量と皮ふ温の変化に着目。肌にしっかりと水分を与え、肌表面の温度を下げるために有効であることがわかりました。

〈水分量の増加〉

1分間コットンパッティングすることで、
手よりも水分量が増加しています。

〈皮ふ温の低下〉

1分間コットンパッティングした箇所
(赤い〇囲み内)の
皮ふ温が低下していることがわかります。

イプサはこれからも肌の美しさに深く関わる水分量の研究を進めていきます。